軽自動車 廃車 価値

軽自動車の廃車の値段

 

軽自動車は廃車になることが一般的には多いです。
これはもちろん乗りすぎて価値が付かないという場合のこと。

 

 

一般的には10年落ちで10万キロオーバーの車はそういった対象になっていく基準が多いです。

 

 

でも本当に軽自動車の走りすぎた車は価値が0円になってしまうのか?というのは疑問に思っている人も多いと思います。

 

 

ですので、その部分についてちょっと説明してみようと思います。

 

 

軽自動車は一般的な寿命を過ぎるとスクラップ?

 

廃車=0円というイメージですが、実際は軽自動車のスクラップ状態の場合でも値段は付きます。

 

 

この理由は解体屋が存在するから。車一つとしては価値が0円という場合もありますが、それを解体して使える部分や使えない部分に切り分けて売れば値段は相当不味い場合

 

 

でも少しは金額が提示されることが多いです。
パーツショップに行けばわかりやすいと思います。

 

オートバックスのような新品のみのパーツを取り扱っている店ではなく、中古パーツ専門店などです。

 

たまにネットオークションなどを見てみるとわかりやすいと思いますが値段はそれぞれついていると思います。

 

 

 

なので、実は軽自動車の廃車クラスの程度であっても売り先を何箇所か指定して選んでいけば、どこかはヒットして値段が付く可能性ってそこそこ多いです。

 

 

軽自動車のパーツの相場

 

例えばですが下記のように新品だと値段ついています。

マフラー…30000円 
ミニペダル…3000円 
ボルトキャップ…1000円 
アームレスト…4000円 
シフトブーツカバー…2000円 
オーバーフェンダー…12000円 
パワチャンバー…18000円

 

など各部位によって軽自動車の新品価格だと上記のように売られています。

 

 

これが中古だと値段は下がりますが、廃車であっても基本的なエンジンやブレーキなど劣化して使い物にならない部分も多いですが、パーツごとにみれば使える箇所も相当あります。ですので、売る際はすぐに諦めるのはよくないです。

 

 

まとめ

車を売るときは色んな側面を考えても一括査定が確実に優れています。

 

 

車を売るときの最高の手段おそらくこれが最終系です。
ですので、本当に少しでも値段をつけたい場合は相見積もりを取って選ぶのが最適でしょう。